飯能ベアフットマラソン参加  40代女性の体験談です。

こんにちは、新宿区の神楽坂、江戸川橋付近で、ロルフメソッド(ストラクチュアル・インテグレーション)身体バランス調整する松本です。

5/21(日)飯能ベアフットマラソンへ参加して来ました。

この大会は2012年から開催されているらしく、今回は6回目。はだしで不整地を走ることによって足裏の感覚が研ぎ澄まされ、走りの質を向上する目的から誕生したようです。

去年末に、妻から「こんなのあるよぉ 出てみれば?」と教えてもらい、なんとなくの参加でした。

まさか、本当にはだしで走るとは・・・

勘違いしてました。

ワラーチ、ビグラムソールの五本指シューズ、ルナサンダルかなんかで走る大会だと・・・

そんなことに気づいたのは、前日の夜。

すぐに、去年のユーチューブを検索し、イメトレです。

そしたら、砂利を走っているんです。

不安というより、あきらめに近い感じになってしまいました。

何とかなるかなぁって。

当日、天気にも恵まれ、ラン日和。

会場には、はだしの人ばかり。

マラソン大会に参加というよりも、はだしのお祭りを楽しんでいる感じ。

皆さん、ピースフルです。

10キロの部に参加です。(ハーフマラソンもあるのですが、初めての参加だと10キロまでの参加資格になります。)

いよいよスタート。

最初の2.3キロまでは「意外といけるな」「思ったより痛くない!」「気持ちいいかも?」

なんて、思いながら走っていました。

このまま無理せずに、ペースを崩さずゴールと思っていました。

そう思っていたのも束の間、5,6キロ過ぎたあたりで、足裏の感覚が・・・

あれ?

同じところを走っているはず。(周回しているので)

とにかく、足裏の感覚が敏感になってしまい、痛い!

特に、砂利の部分を走る際には、もう走れません。

痛すぎて・・・

頭の中では、修行で、火の道を駆け足で走っているお坊さんと一緒。

結局、最後の2.3キロはほとんど歩いてました。

制限時間ぎりぎりのゴールでしたが、何とか完走できました。

またすぐに走りたいかと言われれば・・・

ですが、来年走るかもです。

体験談を頂きました。

お忙しい中、このような感想を頂き、本当に感謝しています。

自分の体と向き合う時間(期間)、体を通じていろいろなことの断捨離と言ったら、語弊があるかもしれませんが、そのようなつもりでワークしています。

それぞれの皆さんが、ここというタイミングで、アップデートしている感じです。

そんなタイミングに立ち会わせて頂けることが、うれしいです。

ありがとうございました。

40代女性 会社員  自分の身体への感謝が生まれ

Q10セッションはどのよう経験でしたか?

40代女性
自分の身体と向き合う時間を持つことが出来ました。 今まで頑張っていた身体に対して、あまり関心をもってこなかったことに反省しています。 足が地面に着いている感覚、頭が上に伸びる感じなどを体験し、身体って不思議だなぁと実感しました

Q身体の変化、心境の変化等がごさいましたら、お聞かせ下さい

40代女性
悪い姿勢になっていると違和感があり、自然と正しい姿勢に身体がなりたがっている感じがします。 自分の身体への感謝が生まれ、もっと健康になりたいと思うようになりました。 趣味のランニングやヨガにも変化が現れるのが楽しみです。
ロルフメソッド・筋膜リリースで身体を再構築

S.I.神楽坂では、ロルフメソッドを提供します。筋膜をリリース(調整)することにより、身体のバランスを整え、痛みの根本的な改善を目指します。身体深部からのアプローチにより、心身のバランスを取り戻しませんか?

ダンサー、ヨガインストラクターだけではなく、大学教授、経営者など様々な方のパフォーマンスレベルを引き上げます。出産後の身体不調、スマホ首、デスクワークによる腰の不調などの悩みも改善します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事