アドバンストレーニング前半終了

アドバンストレーニング前半終了

新宿区の神楽坂、文京区の江戸川橋で、ロルフメソッド(ストラクチュアル・インテグレーション)身体バランス調整する松本です。

先日12/12~12/14の3日間、ロルフメソッドの継続教育を受けてきました。

ロルフメソッドの教育を継続的に受けることって、太極拳の練習に似ているように感じます。

1 最初は型を覚える

2 型の反復によって出てくる疑問

3 疑問を持ちつつ練習をする

4 先生の言葉、もしくは練習している時につながってくる。

繰り返しによって、真意に近づいていくような感じ。

今回の研修では、それに近い感覚を得ることができました。

そして、自分にあるものがはっきりして、足りないと思っていた部分が必要なかったのでは?

なんて思わせてくれる時間でした。

ここ最近の中で、とても濃い時間を過ごせたように感じます。

感情的な側面

このワークショップでは、交換セッションをします。

実際ワークを受けられるのも、毎回楽しみにしていること。

今回、未経験の統合体験を得ることが出来たらうれしいなって、期待しながら参加をしていました。

結果から言うと、期待とは裏腹に、全く別の角度からどっ直球を投げられたような経験でした。

それは、感情的な側面。

ワークショップでも、当セッションルームでも、感情があふれてきてしまう人をよく目にします。

そんな時、僕は「起きるときは起きるよね」っていう感じで、ただそこに居るだけでした。

そのような感性に乏しいと思っていたので、 このようなパターンは僕には起きないこと思っていました。

まさか、自分に起きるとは思っていなかったので、結構、戸惑いました・・・

9セッション目を受けた後で

何かとても淡い感情が出てきました。

悲しい、むなしい、さみしい、と一言では言えない感じの感情の何かです。

僕は、いつも少し胸を張っていて、肩が少し上がっている状態だったみたいです。

これって、生まれつきの遺伝的なものだと思っていたし、服を買う時に少し気を使う程度でした。

それが今回の9セッション目で、胸と腰椎がリリースされ、新しいポジションに身体に身を置くと、この淡い特別な感情があふれ出てきました。

予想外です。

先生曰く、いつも無意識のうちにその部分に力を入れ、身を守っていた?もしくは、幼少期の経験からその体勢(姿勢)をすることで、世の中と折り合いをつけてきたとのことです。

感情が出ないように、自身で固める。

正直、いつ頃からか、まだはっきりしていません・・・

今まで、このワークをかなりの回数受けていて、やっと出てきたもの。

相当、根深かったのでしょうね(笑)

今現在、また新しいポジションを知ったので、その体勢を楽しんでいます。

得たものは大きいです。

自分では通常だと思っていたものが、変わりました。

一人では、たどり着けなかったポジション。

改めて、終わりのないことをしていることを実感しています。

これからも、自身の探求も含め、このワークを探求していきたいと思います。

ロルフメソッド・筋膜リリースで身体を再構築

S.I.神楽坂では、ロルフメソッドを提供します。筋膜をリリース(調整)することにより、身体のバランスを整え、痛みの根本的な改善を目指します。身体深部からのアプローチにより、心身のバランスを取り戻しませんか?

ダンサー、ヨガインストラクターだけではなく、大学教授、経営者など様々な方のパフォーマンスレベルを引き上げます。出産後の身体不調、スマホ首、デスクワークによる腰の不調などの悩みも改善します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事