姿勢は、認知力が原因だった。

実は、姿勢の認知力が、一番重要。

新宿区の神楽坂、文京区の江戸川橋で、ロルフメソッド(ストラクチュアル・インテグレーション)身体バランス調整する松本です。

最近、セッションをしていて、よく目の当たりにするのは、自分が正しいと思っている姿勢、実はその姿勢が普段の不調を作っているというパターンです。

それは、お仕事の関係上、そのような姿勢にならざるえなかったり、もしくは、知らず知らず

内に、ずっとそのような姿勢を取っているパターンです。

なぜかというと、認知が姿勢を変える大切な要素だから

よく背中を伸ばして座る、胸を張っていると背筋が伸ばす、それが良い姿勢と思っている人が本当に多い気がします。

それって、外から見たらよい姿勢のように見えますが、当の本人の身体・・・

身体のいろいろな所を固めてしまっています。

その固めているということも、常時固めているので、本人は気づかないんです。

例えば、胸をいつも張っている人は、胸の位置を少し後方にずらすだけで、本人が今まで固めていた場所(肩や首、太もも)にゆとりが生まれます。

でも、この胸をちょっと後方へずらす

このちょっとが、本当に難しい。

その人は、その姿勢で2.30年間もしくは、それ以上、その姿勢をしてきたわけですから。

身体意識

身体意識とは、運動科学者高岡英夫氏によると実態はないのに、あたかもあるかのように存在し、人間の身体の動きや精神を規定する、身体を舞台にして存在する意識だそうです。

これだけだと、わかりずらいですね。

よく使われる身体意識としては、軸、正中線、体軸。

これは、武術だったり、サッカー、野球でよく耳にする言葉ではないのでしょうか?

ロルフメソッドだと、ラインと言われています。

この形のないのに、あたかも存在するものとして、扱われているもの。

これを、身体意識といいます。

この身体意識が磨かれていくと、身体感覚の鋭い人になっていきます。

例えば、合気道や、ヨガを長年行っている人って、なんかすっとした立ち振る舞いじゃありませんか?

それ以外でも、太極拳や、瞑想を実践している人は、体と向き合う時間が人より長い結果、身体知も人より高いような気がします。

身体認知を上げるには?

では、何かしらの運動(ヨガ、ピラティス、合気道、太極拳etc...)をしていないと、無理なの?

と思ってしまうかもしれません。

個人的には、何かしら運動していたほうがいいと思いますが、そんな運動好きな人ばかりではないので、ここの感覚を高めることが、大切!!いうポイント。

まずは足裏

足裏は身体を支えてくれています。

その足裏のどこで、体を支えていますか?

青丸の部分です。

思ったより、後ろにありませんか?

でも、ここなんです。

上半身、下半身が緩んでいい状態なると、その部分に体の重みを感じます。

そうでない場合は、まだどこかしらに力が入っているんだな!って思ってください。

次は、座骨

座るときは、座骨を椅子に当てるようにします。

青の矢印の部分です。

この骨を前に後ろに揺らしながら、(ロッキングチェアーのイメージで)一番上半身が楽な場所を見つけてください。

最後に頭

頭といっても、首と後頭部の付け根。

よく、ぼんのくぼと言われる部分です。

この部分に力みがない状態が大切。

座ってるときは、この緩んだぼのくぼと、座骨を感じる、そして足の裏を両足しっかりつける。

この三点でデスクワーカーは、かなりのダメージを避けられるはずです。

試してみてください。

そして、立っているときは、足の裏と座骨と、ぼんのくぼ、この三点に気づいてみること。

立つということが、少し楽になると思います。

姿勢 認知力について、お客様の声です。

30代、男性、会社役員

Q10シリーズはどのような経験でしたか?

30代男性
身体の変化を感じる経験でした。

Q身体の変化、心境の変化等がごさいましたら、お聞かせ下さい

30代男性
自分の正しい姿勢がわかり、背筋が伸びた感じです。 結果、歩いている時、長時間座っている時も背筋が伸び、楽な感じがしています。 正しい姿勢への意識も高まりました。

Qロルフメソッドをお勧めするとしたら、どんな方に勧めたいですか?

30代男性
私は痛みや疲労などが目立ってあるわけではなく、疲れない歩き方が手に入れたかったのですが、 日常生活が良くなりましたので、健康で元気な人、 またはスポーツをしてるいる人もパフォーマンスが上がると思います。

まとめ

良い姿勢というのは、胸を張ることでもなく、背筋をピンと張ることでもなく、自分の身体がこわばりなくいれる体勢。

こわばりの体勢を知るのには、やはり身体認知能力が必要になってきます。

この能力を引き出すには、その身体知を引き出す「エクササイズ、もしくは普段の生活の中で、気にしてみる、または、そのような姿勢を引き出すことができるボディーワークを受けてみることをお勧めします!!

ボディワークは、その人の身体歴史に、こうしたほうが楽ですよねという提案をする。

そして、その楽を施術者と、受け手の間で共通認識とする。

すると、一気に変化していきます。

最後になりますが、自分が正しい姿勢かな?という疑問が感じたら、足裏、座骨の下部、ぼんのくぼを感じてみてください。

緩みますよ!!

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ロルフメソッド・筋膜リリースで身体を再構築

S.I.神楽坂では、ロルフメソッドを提供します。筋膜をリリース(調整)することにより、身体のバランスを整え、痛みの根本的な改善を目指します。身体深部からのアプローチにより、心身のバランスを取り戻しませんか?

ダンサー、ヨガインストラクターだけではなく、大学教授、経営者など様々な方のパフォーマンスレベルを引き上げます。出産後の身体不調、スマホ首、デスクワークによる腰の不調などの悩みも改善します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事