肩こり,腰痛が解消しました!と教えてくれる患者さんの特徴

今日もお読み頂きありがとうございます。伝統的ロルフメソッドを施術するS.I.プラクティショナーの松本です。

本日セッションさせて頂いたクライアントさんは、フェルデンクライスの施術者の方でした。

フェルデンクライスメソッドとは、アレキサンダーテクニーク、ロルフィング比較されているボディーワークです。

私自身、他のメソッドを詳しく知りませんが、お話を聞いていると、アプローチは違いはありますが、目指しているキーワードは統合。

目的は一緒です。

その方のキャリアは長く、20年。おのずと受け取る感覚も鋭く、またその情報量が多すぎて、毎回驚かされています。

また、施術する者として、同じ統合を目的とするボディーワーカーとしても、多くのアドバイスを頂きます。

そんな中で、いい経過で進められるクライアントさんと、そうでない方の違いは?との話題なり、ポイントはどこになるか?

というお話になりました。

いい結果を生み出すパターンは、主体性のある方で、自分の体に向き合おうとする方はよい結果を生む様です。

言い換えると、生活習慣の見直しや、仕事における身体の使い方など、いつものパターンに気付き、変えていくことが出来る方。

私自身も、10回のセッション(約2ヶ月半)を通して、身体のバランスを整える施術を行っております。

その間、ただの受け身ではなく、一緒の方向を目指している方、もしくは毎回、何かをつかみ取ろうとしている方が、いい結果を生んでいるように思えます。

そして、そのような方のお話を聞くと、運動をするようになる人や、トレーニングの仕方を変える、カバンの持ち手に気を付ける、

日々の歩き方に着目する方などで、日々の生活の中で、自己と向き合っているように感じます。

こんな事を話したら、自分で解決するしかないのか、もしくは施術者はいらないのでは?なんて思いますが、

あくまで、良いサイクルのきっかけを提供するのが、私の仕事だと思っています。

あとは本人次第。

こんなことを言うと、無責任かもしれませんが、事実だと思います。

こんなことを考えていますが、これからも、数多くの方に良いサイクルを提供できればと。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

ロルフメソッド・筋膜リリースで身体を再構築

S.I.神楽坂では、ロルフメソッドを提供します。筋膜をリリース(調整)することにより、身体のバランスを整え、痛みの根本的な改善を目指します。身体深部からのアプローチにより、心身のバランスを取り戻しませんか?

ダンサー、ヨガインストラクターだけではなく、大学教授、経営者など様々な方のパフォーマンスレベルを引き上げます。出産後の身体不調、スマホ首、デスクワークによる腰の不調などの悩みも改善します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事