ロルフメソッド継続教育と、「ふくらはぎの張りが明らかになくなり、脚が疲れにくく」の体験談

こんにちは、新宿区の神楽坂、江戸川橋付近で、ロルフメソッド(ストラクチュアル・インテグレーション)身体バランス調整する松本です。

「脚が疲れにくく」の体験談

10/3.4.5の3日間、Rolf Line Japan主催のワークショップへ参加してきました。

通常のワークショップって、何かを経験したい、学ぶ場って感じだと思いますが、こちらのワークショップはお稽古に近い感じがします。

個々のレベル、問題に合せて、気づきを受け渡してもらう。

毎回そんな感じです。

「あれ?文章や、ノートの中では書いてあった気がする」

そういう事って、いっぱいありますよね。

実は、腑に落ちていない、もしくはわかった気になっているだけ。

今回の研修に参加して、根本的な所に立ち返った気がします。

ストレスが身体に影響?

日々、セッションをしているとさまざまなクライアント様と出会います。

そのほとんどの方が、痛みなどの症状をお持ちで、腰痛、肩こり、いつも痛くなる場所が一緒などなど。

なぜ、そのような痛みが出てくるのか?

職業からくるもの、遺伝的なもの、社会に対して心理的なストレス・・・

ストレスが痛み?

はてなマークが浮かんでくる方も多いと思います。

でも、本当のことです。

例えば、職場での人間関係、子供との関係、出世競争、生活習慣、経済的な不満、将来に対する葛藤など。

気づいていない、自分でも気づいているけど見ないようにしている、もしくは上手く対応できない。

そんな状況から守るように、身体を犠牲にしています。

セッションを受ける動機

当セッションルールにいらっしゃる方は、30代後半から50代の方がほとんどです。

ある意味、人生でもっとも充実した時期で、色々なことができる時期。

そんな時期を充実したものにするために、もともと持っているポテンシャルを発揮するため。

そのような狙いで、身体を整えたいからこのワークを受けたいと言って頂けると、とても嬉しいです。

過程を楽しむ

10セッションが行っていく過程で、クライアント様の表情、発言、雰囲気が本当に変わっていきます。

身体に変化が生じると、心理面に大きく影響します。

身体の変化にフォーカスする以外、どう心境に影響しているかに注目しても、面白いかもしれません。

「調子のよい時の自分ってこんな感じだった!」「そういえば、自分ってこんな感じだったんだ!」など。

そういう事って、目に見えないのであいまいになってしまいがち。

身体が整う状態によって、心理面もよい影響が出て、行動が変わり、生活がよりよい状況に変わっていくことは、決して不思議ではないはず。

今回の研修で、そんなソフトな部分の重要性に気づかされました。

気づきのある学びは、楽しいです。

体験談を頂きました。

こちらのクライアント様は、O脚による下半身のだるさ、疲れにお悩みでした。

セッションが進むにつれて、足の使うパターンが変わり、「疲れなくなった」などのお声を早い段階から頂きました。

今までストレッチ、筋トレ、整体などいろいろ試してきたけど、思うような結果を得られなかったとのこと。

そんな流れで、10セッションに可能性を感じ頂き、継続する流れへ。

結果、このような体験談を頂きました。

10セッション終了というわけでなく、その後も11.12セッションあると言われています。

これは、セッションをするわけではなく、身体が適応することによって、変化が持続的に進んでいきます。

次回お会いするのがとても楽しみです。

ありがとうございました。

30代男性 会社員

Q10セッションはどのよう経験でしたか?

今まで整体など様々受けてきましたが、それとは異なるアプローチで身体の変化に気付きながらあっという間に過ぎていった10セッションでした。

Q身体の変化、心境の変化等がごさいましたら、お聞かせ下さい

1番気にしていたふくらはぎの張りが明らかになくなり、脚が疲れにくくなりました。 身体の使う場所が変わってきたのを実感しています。
ロルフメソッド・筋膜リリースで身体を再構築

S.I.神楽坂では、ロルフメソッドを提供します。筋膜をリリース(調整)することにより、身体のバランスを整え、痛みの根本的な改善を目指します。身体深部からのアプローチにより、心身のバランスを取り戻しませんか?

ダンサー、ヨガインストラクターだけではなく、大学教授、経営者など様々な方のパフォーマンスレベルを引き上げます。出産後の身体不調、スマホ首、デスクワークによる腰の不調などの悩みも改善します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事