おじいさんとの挨拶  「以前より身体を身近に、より意識するようになっていった」の体験談

こんにちは、新宿区の神楽坂、江戸川橋付近で、ロルフメソッド(ストラクチュアル・インテグレーション)身体バランス調整する松本です。

「以前より身体を身近に、より意識するようになっていった」の体験談

 年明けから、週4.5回ぐらいで朝30~45分程度は走っています。

目的は、健康のため。

そのような運動を取り入れないと、施術ベットの周りをくるくる回っているだけで一日が終わってしまいます・・・

それだと、なんか詰まってくるというか、なんというか・・・で、朝に走ることを始めました。

寒いので、サウナスーツを着て走っています。

結構、汗をかきます。

デトックスですね。

最近は、そんな日々を送っています。

走るコースは決まっていて、自然多めの公園まで走っていき、そこの丘に近い山を登って、公園を一回りするようなコースです。

毎朝、すれ違うおじいさん、おばあさん、犬を散歩させている人、太極拳をしている人たち・・・。

その時間、いつも場所でに必ず会う人。

大体、決まっています。

最初は、それがとても新鮮でした。

その中で、一人だけ必ず挨拶をするおじいさんがいます。

山の頂上でいつも会います。

特に何を話すわけではないのですが、お互いちょっと笑顔で、「おはようございます」ってだけ。

そのおじいさんは、身体が弱いのかもしれません。

いつも、太陽に向かって酸素吸入みたいなものを「ブゥーー」って音で吸っています。

たまに、カラスに向かって、「カァー、カァー」って言っている時もあります。

カラスと会話?しているのかもしれません。

そのおじいさんを見ない日が、2、3日続くと、なんか寂しいです。

今日はいるかな?って、探しているんですよね。

僕は、そんなちょっとした関係が好きみたいです。

体験談

体験談を頂きました。

最初をコンタクトは、こちらのクライアント様が通っているピラティスのクラスで、「こんなワークがあるよ」っていう紹介があったようです。

その紹介で興味を持ち、当セッションルームへ。

最初から、目的意識がはっきりしていたので、とてもスムーズな10シリーズでした。

クライアント様は、日々忙しい中、スケジュールを組んでいますし、それなりの費用も負担しています。

ただ、なんとなく受けるというより、感じ取ってつかみ取るように、受けるみたいな感覚が丁度いいと思います。

こちらのクライアント様は、楽しみながら、笑顔で受けていたのがとても印象的でした。

これからも、一人でも多くの人に、楽しくて、驚きがあって、でもリラックスしていて、静けさも経験できるセッションを提供していきたいと思います。

本当に、ありがとうございました。

40代女性 医療事務  毎回セッションに行くのが楽しみでした

Q10セッションはどのよう経験でしたか?

毎回、新鮮な驚きがありました。セッション前とあきらかに足をおろした感覚が違ってました。 数日するとその感覚はなくなってしまうのですが、元に戻ってしまった訳ではなく変化した自分の身体に慣れていくという感じで、毎回セッションに行くのが楽しみでした

Q身体の変化、心境の変化等がごさいましたら、お聞かせ下さい

特にコアのセッション後に、皮膚がすごく柔らかくなって背骨を感じられた時から以前より身体を身近に、より意識するようになっていったと思います。 セッションを経験する前は、身体の痛みを回避する姿勢でいたように思いますが、今は身体に違和感がないような姿勢を取ると痛みもないですし、全体が軽く動けています。
ロルフメソッド・筋膜リリースで身体を再構築

S.I.神楽坂では、ロルフメソッドを提供します。筋膜をリリース(調整)することにより、身体のバランスを整え、痛みの根本的な改善を目指します。身体深部からのアプローチにより、心身のバランスを取り戻しませんか?

ダンサー、ヨガインストラクターだけではなく、大学教授、経営者など様々な方のパフォーマンスレベルを引き上げます。出産後の身体不調、スマホ首、デスクワークによる腰の不調などの悩みも改善します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事