身体を痛めない走り方

ちょっと遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

個人的には、年末、お正月とよく走っていました。

その際に、身体を痛めずに走る方法はないか、苦しくなく、楽しく走れる方法を模索しながらRUNしてました。

一応、これで行こうという走り方が見つけられたので、ブログに書かせて頂きます。

ポイントは3つあります。

1、足裏の着地点

Skitch から (3)足裏は右の写真のように、三点の支えによって成り立ちます。

そしてこの三点の力が一番かかりやすい所、

Skitch から (2) - コピーこの○の部分で衝撃を吸収するように着地します。

2、骨盤の水平を意識します。

平行移動するような感覚です。

3、頭を背骨にのっける様に走る

頭に本がのっている様イメージで、さらに背骨の上に、頭がのっている感覚です。

すると、筒が水平移動するように楽に走れ、終わった後のダメージもありません。

もちろん、個人的な意見ですが、一度試してみると面白いです。

特に、走り終わった後、少し歩くのですが、勝手に身体が進んでいきます。

別人が身体を進めていると言いますか、何というかそんな感じです。

まとめ

足の着地点を意識しながら、骨盤を水平にし、頭を背骨の上にのっける。

ランナーの方でしたらわかると思いますが、走っている間いろいろ走り方を試されていると思います。

その選択肢の中に、入れてみて下さい。

ちなみに、この走り方は遅いです。キロ6分位です。

今年もよろしくお願いいたします。

ロルフメソッド・筋膜リリースで身体を再構築

S.I.神楽坂では、ロルフメソッドを提供します。筋膜をリリース(調整)することにより、身体のバランスを整え、痛みの根本的な改善を目指します。身体深部からのアプローチにより、心身のバランスを取り戻しませんか?

ダンサー、ヨガインストラクターだけではなく、大学教授、経営者など様々な方のパフォーマンスレベルを引き上げます。出産後の身体不調、スマホ首、デスクワークによる腰の不調などの悩みも改善します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事