急な腰痛、ぎっくり腰になってしまったときの対処法

今日もお読み頂きありがとうございます。伝統的ロルフメソッドを施術するS.I.プラクティショナー松本です。

皆さん、朝起きて激痛で起きれない。もしくは、箱を持ち上げた瞬間にビリッ!と電気が走ったかのような痛み、経験ございませんか?

よく言われるぎっくり腰です。

その後、横になったままトイレに行くや、寝返りをうつのもままならない状態が続きます。

「このままどうすればいいのだろう?」という不安が・・・

大丈夫です。ぎっくり腰は適切な対処を行えば早期に治っていきます。

 

ぎっくり腰が起こっている時の腰は、筋肉がギューと縮まっているような状態です。

このイメージを持って頂き、腰の周り筋膜を緩めることによって、患部を緩めていくことを目標にします。

簡単に言うと、ももの前、後ろ(ハムストリング)背中をのばすことにとって、

腰のギューとなっている部分を緩める。

これが最終目標です。

 

1、仰向けになり、両膝を曲げる。

2、少しづつでいいので、膝を立てて揃えたまま左右に小さく動かす

3、立てるようになったならば、ももの後ろをやさしくもみ、緩んで着たらもも全体を  やさしくもみます。→ももの前、後ろ(ハムストリング)

4、次に、猫のポーズ(はいはいのポーズで、背中を丸めたり、そらしたりしてください)→背中

 

最初は様子を見ながら、安静にしましょう。次に、上記の流れを試してみてください。

ずっと安静にしているより、数段早く回復します。

 

まとめ

ぎっくり腰や腰痛は、ストレスを溜めすぎているあなたに、体を大切にして欲しいというサインなのかもしれません。

普段の生活で、自分の身体に向きあう。同じポーズを常にしてしまう。もしくは、仕事での作業パターンなど、向き合っていくことが、一番の予防だと考えられます。

こんなとき、「最悪だぁ」とあせるのではなく、心を落ち着けて、自分を見つめなおす時間と捉えてみてはいかがですか?

 

ロルフメソッド・筋膜リリースで身体を再構築

S.I.神楽坂では、ロルフメソッドを提供します。筋膜をリリース(調整)することにより、身体のバランスを整え、痛みの根本的な改善を目指します。身体深部からのアプローチにより、心身のバランスを取り戻しませんか?

ダンサー、ヨガインストラクターだけではなく、大学教授、経営者など様々な方のパフォーマンスレベルを引き上げます。出産後の身体不調、スマホ首、デスクワークによる腰の不調などの悩みも改善します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事