猫背を解決すると、腰痛は改善するのか?(座っている時)

今日もお読み頂きありがとうございます。伝統的ロルフメソッドを施術するS.I.プラクティショナーです。

f:id:yoshi-rolf:20151112153939j:image

本日は、猫背について。

写真でもわかりますが、猫背は首、腰、肩に負荷を与えています。

立った時、座った時の頭と骨盤の位置によって大幅に改善します。

f:id:yoshi-rolf:20151112154031j:image

まず、座る姿勢。

上の写真のような状態ではなく、足の膝が、やや骨盤が上になる状態をキープして下さい。

足裏は地面と捕まえていないと、その重さは腰と背中が負担しなくてはなりません。

次に、坐骨底で座る。お尻を後ろに出すと、骨が浮き上がってきます。

矢印の所で座ります。

すると、骨盤が立ちその支えが、二本の足ということになります。

 

http://a.know-how.fc2.com/pic//0079/4cc42bc8cd17dc67b02dad52c21f6093.gif

 

最後は、頭の位置です。

あごをちょっと引き、後頭部が少し引っ張られている様に感じて下さい。

すると自然に背筋は伸び、楽な状態のまま無理が無い楽な状態とキープ出来ます。

丁度このような状態です。(床に足は付かなくてすみません。。。)

f:id:yoshi-rolf:20151112154111j:image

まとめ

①膝がやや骨盤が上になる状態で、足裏が床に付く。

②坐骨底で座る

③頭が上からつられているのをイメージする。

以上です。

本日は座っている時に、どこに意識を持っていくかという点で書かせてきました。

試して頂ければ、幸いです。

 

次回は、歩く、立つをテーマにしたいと思います。

では、また。

ロルフメソッド・筋膜リリースで身体を再構築

S.I.神楽坂では、ロルフメソッドを提供します。筋膜をリリース(調整)することにより、身体のバランスを整え、痛みの根本的な改善を目指します。身体深部からのアプローチにより、心身のバランスを取り戻しませんか?

ダンサー、ヨガインストラクターだけではなく、大学教授、経営者など様々な方のパフォーマンスレベルを引き上げます。出産後の身体不調、スマホ首、デスクワークによる腰の不調などの悩みも改善します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事